香港 ヒルサイド・エスカレータ編

Exif_JPEG_PICTURE
香港島は坂の街です。急な斜面を覆うように街が広がっているので、いたるところに坂や階段があります。このように階段に沿ってにぎやかに屋台が並んでいることが多く、印象的な街角の風景をつくっています。

Exif_JPEG_PICTURE

そんな中、セントラルのビジネス街の真ん中に、斜面を上へ上へと登るエスカレータが突然姿を現します。山の麓の平地にある市街地中心部と、斜面のはるか上にある高級住宅街を結ぶ、ヒルサイド・エスカレータです。 今回はこれを登りながら、香港の街をご紹介します。

Exif_JPEG_PICTURE

始めは、ビルの谷間を緩やかに登る空中歩廊みたいです。 未来都市っぽい土木構造物が、下町の雑踏の上空を横切っているという風情です。いつも多くの人が行き交っています。

images

この未来都市的な風景は、ウォン・カーウァイ監督の「恋する惑星」で印象的なシーンとして描かれています。このシーンに憧れて、エスカレータの観光に行ったひと、多いのではないかな。 ぼくたちもそのひとりです。(^_^)

Exif_JPEG_PICTURE

少し登ると、下町を離れておしゃれなエリアに入ります。 ここは美容院やネイルサロンが集まるビルです。登るにしたがって、エスカレータから見える町並みがどんどん変わるので、ツアー気分でわくわくします。

Exif_JPEG_PICTURE

途中でコースは大きく蛇行します。足下に見えるのは、ハリウッド・ロードというアンティーク屋さんが集中する通りです。東京で言えば、青山の骨董通りみたいなものでしょうか。

Exif_JPEG_PICTURE

この通りには、超高級店からがらくた屋さんまで様々なアンティーク屋さんが、軒を連ねています。

Exif_JPEG_PICTURE

さらに登ると、上空のエスカレータは地上に降りて、階段と隣り合って坂を上がるようになります。これはスタントン・ストリートと交差する場所です。街の賑わいと、エスカレータの動きが一体になって、不思議な活気が生まれています。

Exif_JPEG_PICTURE

通りにはオシャレなレストランやバーが集まり、お客には西洋人が多いので、突然別の国に来たような錯覚に陥ります。

Exif_JPEG_PICTURE

見下ろすと、延々と登り続ける様子が分かります。 エスカレータは坂と直行する通りのところで切れながら、次へと連続します。

Exif_JPEG_PICTURE

ゴール間近の風景です。両側に超高層マンションが切り立つ谷間を、さらに上を目指して登って行きます。

Exif_JPEG_PICTURE

着きました! 終点です。全長800メートルと言われているエスカレータを登り切ると、そこは山の中腹、高級マンションが立ち並ぶエリアです。

Exif_JPEG_PICTURE

そこには、さらに見上げるほどの超高層マンションが!どこまでも高い所を目指すのですね。その飽くなき欲望が分かりやすく、あんぐりと口を開けながらも、ちょっと笑ってしまう光景が最後に待っていました。

広告

コメントをどうぞ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中