家具の家

築20年のマンション住戸の内装設計。

既存コンクリートをあらわした天井、梁の下、大きな家具を並べたようなデザインで、リノベーションのダイナミックさを保ちながら、上質な素材感のある空間をつくりました。すべての部分を家具のように精度高く緻密に設計しています。

床座の生活をしたいというご要望に答えて畳コーナーには、くつろぐスペースと共に、壁に向かって堀コタツ状のスタディコーナーを設けています。畳を外すとその下は全て収納です。

  • 用途 : 集合住宅(改装)
  • 所在 : 東京都世田谷区
  • 延床面積 : 57.6m2
  • 設計期間 : 2012
広告