松阪市新健康センター設計競技

断面

「松阪市新健康センター公開設計競技」の一次審査でファイナリスト6組に選ばれ、先日二次審査の公開プレゼンテーションを行うため、三重県松阪市に行ってきました。

コンペは私たちのような若手でも公共の仕事に関われる大きなチャンスですので、できるかぎり参加しています。松阪市は須川の出身地ということもあり、いつもにも増して気合いを入れて参加しました。

誰もが気軽に立ち寄れるよう、吹き抜けを中心に賑わいが感じられる設計をし、地元で親しまれている山並みの風景や藤棚を取り入れて、新しい建物が市民に受け入れられ愛されるよう工夫をしました。・・・が、結果は残念な結果に終わりました。ますます精進して、次のチャンスには勝てるよう頑張ろうと思います!

ここで、提案した建物を少しご紹介しますね。

メインファサード軽

北西側の外観です。大きな木のように町のシンボルになります。招くような表情を持たせ、人々が気軽に集まれるたまり場となります。

Exif_JPEG_PICTURE

4階から吹き抜けを見下ろした内観です。 ずれながら重なるダイナミックな空間で、各階の賑わいが感じられます。

内観

内外が一体になったオープンスペースの様々な場所を活用して、市民が自由に楽しめる場所です。

プレゼンテーション、模型製作など、多くの方々の力をお借りしました。本当にありがとうございました!

広告

コメントをどうぞ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中