つくばおとなりの建築家展6

6回目を迎えたつくば・おとなりの建築家展は、参加建築家が選りすぐりの新作や主要作品をパネルや模模型、家具等で思い思いに発表する隔年で行われる全体展覧会で、「つくおと」のメインイベントです。

今回須川ラボは、いえづくりの過程を具体的にお見せしたいと思い、写真パネル以外に、敷地やその周辺の環境全体を俯瞰してどのような立ち方がよいか検討する1/100、間取りや部屋のかたち、各室のつながりを検討する1/50、さらに最終的に家具や色をどうするかなど手触りやヒューマンスケールに近いところまで検討する1/30のさまざまな大きさの模型を展示しました。

会期中は会場でお客さんと直接お話しする事ができます。私たちが普段どういうことを大切に思ってデザインしているかやすまいの悩み事、設計相談はもちろんの事、建築家ってどういう人?という素朴な疑問を等身大の私たちとお話しする事でセンスや価値観など肌で感じていただけるのが最大の醍醐味だと思います。

またつくおと展の最大の魅力である「子供建築家になろう」ワークショップでは、工事現場から出た「木っ端」を自由に組み立てて色を塗り自分のお家や飛行機やお店をを作り、筑波山を模した大きな白色ネットの下で大きなつくばの地図の上に建て、みんなの未来都市を作りました。

短い会期ながらトータル1000人近い来場をいただきました。

  • 名称:つくば・おとなりの建築家展6
  • 場所: 茨城県つくば美術館ギャラリー
  • 開催 : 2014.9.17〜9.21
  • 参加者:建築家15組
  • 常陽新聞/常陽リビング/つくばスタイル掲載 いばキラTV/らぢおつくば/茨城放送出演
広告

コメントをどうぞ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中