WISE Living lab さんかくBASE ひがしBASE

 

たまプラーザの美しが丘公園に隣接するコミュニティ施設。

たまプラーザ駅北側地区をモデル地区として
産学官民の連携・協働により、超高齢化や環境に配慮した、持続可能な住宅地への再生を進めています。
「WISE Living Lab さんかくBASE」(運営:東急電鉄)は
「次世代郊外まちづくり」の情報発信や活動拠点として整備された施設で
私たちの設計した「ひがしBASE」は
地域に開かれたカフェと集合住宅のモデルルームを複合した建物です。

敷地中央に三角形のウッドデッキテラスを設けました。
普段はカフェのオープンテラスとして
イベント時は、様々な催しの舞台として
賑わいの中心となる場所です。

テラスの板貼りを建物の壁面にも連続させ
この場所の中心性を高めながら
遠くからもよく見える存在感を持たせて
施設を訪れる人々へのアイコンとなるようしました。
柔らかい木の質感に、人に優しいまちづくりへの願いをこめています。

鉄骨造による大スパン構造を採用し
開放的な1階のカフェ空間と
将来様々な使い方が可能となる2階の展示場空間を実現しました。
2階は、モデルルームとしての用途を終えた後
まちづくりのための展示施設として様々に活用される予定です。

 

 

 

  • 用途 : 複合施設
  • 所在 : 神奈川県横浜市
  • 敷地面積:2,541.97m2
  • 延床面積:999.46m2
  • 構造:鉄骨造
  • 設計 :建築/みかんぐみ+須川ラボ
    カフェ内装設計/窪田建築都市研究所
    マンションギャラリー内装設計/環境計画研究所
広告

コメントをどうぞ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中