立体庭の家

千葉県の郊外に建つ小住宅。

敷地南に梅の木や茶花を植えた既存庭、北に桜の大木がある公園があり、それらを様々な角度から眺めて楽しめるようにすることで、密集住宅地の狭小敷地ながらも出来るだけ空間の広がりを得ようと考えました。

少しずつ高さの異なる床から床へ螺旋状に上昇する立体的なワンルームで、明るく風通しの良い室内環境をつくり、和室の縁側、リビングのバルコニー、家事コーナーの物干しスペース、寝室の花見テラスなど、随所に半外部空間を設けます。家のどこでも気軽に内外を行き来し、庭と公園の緑を身近に感じられる開放的な住環境です。

広告

コメントをどうぞ

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中